ゆるアーツジャーナル

ジャズ/アーツマネジメント/日々感じることを綴っています。

ビッグバンド最高峰の作曲家・アレンジャー Sammy Nestico

ビッグバンド最高峰の作曲家・アレンジャー、そしてトロンボーン奏者であるSammy Nestico氏が2021年1月17日に亡くなりました。

f:id:bebopcharlie:20210119091049j:plain
(By Official Facebook page)

 

ビッグバンドに所属していれば、一度は彼のアレンジメントを演奏したことあるのではないでしょうか。私自身も、初めてネスティコ氏のアレンジメントを聞いたのは中学生の頃でした。それ以来、高校・大学・大学院と所属してきたバンドでは必ず演奏してきました。

 

Sammy Nestico氏の簡単な経歴

1924年、ペンシルバニア州ピッツバーグで生まれる。
高校生の頃、トロンボーンの演奏を始める。
17歳で初めてのアレンジを書き、アメリカ放送会社でアレンジャーを務める。Duquesene UniversityのMusic Education学科を卒業。
1950年代~1960年代初期、The Airmen of Note(アメリカ空軍バンド)の専属アレンジャーを15年を務める。その後もU.S. Marine Bandに入隊後、ジョンソン政権とケネディ政権のもとWhite House Orchestra (大統領直属のバンドとされる)のチーフ編曲・指揮者として5年間務める。
1967年~1984年、Count Basie Orchestraのアレンジャーとして活躍。

 

1950年、グレンミラーのルーツを受け継ぐ形でワシントンDCを拠点とする、The Airmen of Noteというバンドが作られました。そのバンドは、ネスティコ氏のアレンジメントでより進化した新たな時代のジャズを演奏し始めます。Count Basie Orchestraのアレンジャーとして知られるネスティコ氏ですが、実はその前のキャリアとして20年もの間アメリカ軍のバンドの音楽に携わってきたのです。

 

私の大学時代の恩師であるAlan Baylock氏は、ネスティコ氏の座を引き継いでThe Airmen of Noteのアレンジを担当してきたジャズアレンジャーでした。大学で受けた作曲・編曲の授業やアンサンブルのクラスではネスティコ氏の音楽が例に出されることも多く、沢山のことを学ぶことができました。

 

最後にShenandoah Conservatory Jazz Ensembleで2014年に行った、Sammy Nesticoのトリビュートコンサートを見つけたのでリンクを貼り付けておきます。(もう6年以上も前のことなんて、、)

www.youtube.com