ゆるアーツジャーナル

アメリカ生活5年目。ジャズ/アーツマネジメント/日常のことを綴っています。

アメリカのイースター(復活祭)

今年、4月1日はイースター(復活祭)です。私は最近知ったことですが、キリスト教の人々のとってクリスマスよりも大切なイベントとして扱われている日です。この復活祭は、弟子のひとりに裏切られて十字架にかけられてしまったキリストが、3日後復活したことを祝う日です。
金曜日には、近所の子供たち20人と一緒にエッグハントをしました。朝から雨の予報だったにも関わらず、お日様が出てとても気持ちの良い日になりました。(子供たちが帰った瞬間雷雨となりましたが。。)
f:id:bebopcharlie:20180401224228j:plain

私は、小さいころから通っていた日本の英会話教室で毎年エッグハントをやっていましたが、本場のアメリカでやるのは初めて。大人になった今でも卵を染めたり、探したりするのは楽しいものです。

f:id:bebopcharlie:20180401224650j:plain

イースター当日の日曜日は、教会で演奏をしました。イースターのサービスでよく使われる楽器がトランペットのため、私はキーボードとタンバリンで参加。それぞれの国や地域の文化は、実際に体験してみないと分からないものだな~と強く感じます。そして、日本からやってきたキリスト教徒ではない私を優しく受け入れてくれてくれる人々にとても感謝しています。この地で勉強や仕事をするためにもっと多くの伝統や文化の理解を深めていきたいです。

f:id:bebopcharlie:20180401225353j:plain

f:id:bebopcharlie:20180402020959j:plain