ゆるアーツジャーナル

アメリカ生活5年目。アーツマネジメント/ジャズ/日常生活について書いています♪

アーツマネジメント

【スミソニアン特集②】仕事の様子は?

スミソニアン特集①アーツマネジメントの世界で働くプロたち スミソニアン特集②どんな仕事をしてるの? -------------------------------------------------------------- 一つ前の記事で「アーツマネジメントの世界で働いている人」について書きましたが、今…

【スミソニアン特集①】アーツマネジメントの世界で働くプロたち

大好きなスミソニアンで働く機会をもらって、思うこと感じたこと…博物館への来場者としてだけではなく、働く側の視線でブログを書いています。トピックは増えていく予定です★スミソニアン特集①アーツマネジメントの世界で働くプロたちスミソニアン特集②仕事…

3月のまとめ

なななんと、4月の頭に書こうと思っていた3月のまとめを書きそびれていました・・3月は授業やバンドのリハーサルなど共に忙しくなったため、仕事のペースを少し緩めながら勉強の方に集中していました。 アーツマネジメントまず、一番大変だったなと思う授業…

アーツアドボカシー

アメリカでは3月12日・13日は「Arts Advocacy Day」でした。12日はワシントンDC ケネディーセンターにArtsの世界を引っ張る関係者がこぞって集まりAmericans for the Arts主宰の"The 31th Annual Nancy Hanks Lecture on Arts and Public Policy"が行われま…

”アート”と”’アーツ”の定義

私とアーツマネジメント ブログに書きたいことが日に日に溜まり、下書き状態で次の日を迎えるというのが続いています。基本的に自分が気になったことを書くのを目的としていますが、アメリカの大学院でアーツマネジメントを学んでいるからこそ発信できること…

2月のまとめ

2月も終わったので振り返ってみたいと思います。 大学院生活2学期目に突入したということもあり、生活ペースも落ち着いて予定を立ててしっかりやることをこなせた月だと思います。 アーツマネジメント 日々、芸術の世界で何が起きているのかをチェックする…

DCのジャズシーン

先日ワシントンポストに書かれた記事で、これを見つけました。 www.washingtonpost.com 秋学期に、直接インタビューをさせてもらったり資料をかき集めて書き上げたケーススタディーにも関連することなのですが、ワシントンDCのジャズもかつての盛り上がりを…

一学期を終えて

冬休みの間は日本へ一時帰国し、数日前にアメリカへ戻ってきました。 大学院生活の二学期が始まるまで数日あるので、一学期を振り返ってみようと思います。 この写真は、新入生オリエンテーションのあとの懇親会にて撮られた写真。 見てわかる通り、アメリカ…

アーツマネジメントとの出会い

アーツマネジメントと聞いてどんなことを想像しますか? 日本でアーツマネジメントが学べる学校は存在するものの、一つの学問としてはまだ歴史が浅く、世間一般に知られている分野ではありません。 もともと1960年代以降にアメリカやイギリスで発展した…